【まとめ】新型コロナウイルス感染拡大の影響による鉄道運行状況〜フランス編(2020年11月21日現在)

パリ地下鉄サン=ミシェル駅

新型コロナウイルスによる深刻な感染拡大を受け、2020年10月30日から2度目の全土封鎖(ロックダウン)が実施されているフランス。外出理由として認められているのは通勤、通学、通院、買い物、軽い運動などに限られ、正当な目的で外出している旨を記入した証明書を携行することが必須となっています。

全文を読む

ボルドー・トラムD系統がメリー・デュ・ブスカ停留所からカンティノーユ停留所まで延伸開業

ボルドー・トラムD系統がメリー・デュ・ブスカ停留所からカンティノーユ停留所まで延伸開業

フランス・ボルドーのTBMは2020年2月29日、トラム(路面電車)D系統の終端メリー・デュ・ブスカ(Mairie du Bouscat)停留所から、北西郊外のカンティノーユ(Cantinolle)停留所まで延伸開業し、…

全文を読む