万博公園と大阪モノレール乗り放題セット おトクに楽しむ「自然文化園」「ニフレル」

大阪モノレールの1日乗り放題乗車券と、万博記念公園エリアの施設利用券がセットになったお得なチケットの発売が開始しました。

大阪モノレール2000系電車と万博記念公園「太陽の塔」(そい/写真AC)
大阪モノレール2000系電車と万博記念公園「太陽の塔」(そい/写真AC)

万博記念公園マネジメント・パートナーズの企画により発売されるもので、「お得に万博記念公園エンジョイパス」「ニフレル エンジョイパス」の2種類があります(詳細は下表を参照)。

「お得に万博記念公園エンジョイパス」は、大阪モノレール全線が1日乗り放題となる乗車券に、万博記念公園「自然文化園」「日本庭園」の共通入園券がセットになっています。おねだんは大人850円、中学生700円、小学生360円で、通常の乗車券・入場券を個別に購入する場合と比べて大人用で230円おトクになります(大阪モノレールは門真市駅〜万博記念公園駅間の往復運賃と比較、以下同じ)。発売期間は2022年3月18日(金)までですが、万博記念公園は毎週水曜日が休園日(10月・11月は無休)となるので利用の際には注意が必要です。

「ニフレル エンジョイパス」は、大阪モノレールの1日乗車券に、EXPOCITY(エキスポシティ)にある生き物ミュージアム「ニフレル」の入館券がセットになっています。おねだんは大人2,500円、中学生1,500円、小学生1,250円で、通常の乗車券・入館券の合計額と比べて大人用で320円おトクになります。発売期間は2022年3月31日(木)までで、モノレール乗車券とニフレル入館券は期間中の1日、同じ日のみ有効となります(ニフレルは年中無休)。

両チケットとも、主要コンビニ(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ)の設置端末で「JTBレジャーチケット」として発売されています。大阪モノレール駅構内にある「セブン-イレブン モノウェル」店舗(千里中央駅、南茨木駅、門真市駅)でも購入することができます。また、「お得に万博記念公園エンジョイパス」に限り、Webサイト(WebketジョルダンJTB楽天チケット)からのチケット購入も可能です。大阪モノレールの改札窓口や万博記念公園・ニフレルの窓口では発売していません。

大阪モノレールに乗車する場合は、各駅改札窓口で購入したチケットに記載されているQRコードを提示し、乗車券に引き換えてから利用します。万博記念公園エリアでは、各施設の有人窓口でQRコードを提示することで入園・入館できます。

【図表で解説】大阪モノレール 1日乗り放題と万博記念公園施設のセット券発売

万博記念公園エリアや大阪モノレール駅ナカの施設・店舗などで「お得に万博記念公園エンジョイパス」または「ニフレル エンジョイパス」を提示すると、割引等の優待特典が受けられます。また、「ニフレル エンジョイパス」大人券を購入した方に限り、ニフレル入口改札でエキスポシティのお買い物券500円分のプレゼントがもらえます(数量限定、なくなり次第終了)。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉