富士急行線+登山バス「富士山五合目フリーきっぷ」2日乗り放題 7月1日山開きにあわせ

富士急行は、電車と登山バスが乗り放題となるおトクなきっぷ「富士山五合目フリーきっぷ」を発売します。

富士急行線 富士山駅入口の鳥居(丸岡ジョー/写真AC)
富士急行線 富士山駅入口の鳥居(丸岡ジョー/写真AC)

大月駅から富士山五合目まで1枚でおトクに往復できる、富士登山や富士山五合目の観光に便利な乗車券です。有効期間は2日間で、富士急行線の「大月駅〜河口湖間」および、富士急バスの「富士山駅・河口湖駅〜富士スバルライン五合目間」が乗り降り自由となります。富士急行線で「フジサン特急」「富士山ビュー特急」「富士回遊」などの特急列車または「富士登山電車」を利用する場合は、別途特急券等の料金が必要になります。

発売期間は2021年7月1日(木)〜11月30日(火)で、富士急行線大月駅の窓口で発売されます。おねだんは大人3,800円、小児1900円です。通常の電車乗車券、バス往復運賃の合計額と比べると、大人用なら840円おトクで、さらに途中下車も自由になります。

【図表で解説】富士急行 「富士山五合目フリーきっぷ」

富士山登山道は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて2020年は通年で閉鎖していたため、2年ぶりの山開きとなります。山梨県側の登山道「吉田ルート」は7月1日(木)に開通し、なるべく少人数で、混雑する日や時間帯を避けるなど「Withコロナ時代の新しい富士登山マナー」への協力を求めながら登山者を受け入れます。

山開きにあわせ、富士山五合目にある「富士急雲上閣」内の宿泊施設「ロッジフジヤマ」では、7月1日(木)〜8月6日(月)の期間、新型コロナワクチンを2回接種した方の宿泊料金が割引(通常7,700円〜が5,500円)になる「富士山五合目でGOGOキャンペーン」が開催されます。富士登山では例年、大多数の登山者が「ご来光」を目的に登山するため、特定の時間帯に登山道が大混雑することが問題となっています。このキャンペーンは、五合目に一定時間滞在して高地順応しながら、混雑による密状態を回避しての安全な登山を提案する意味が込められています。

また、今シーズンから富士山五合目行の登山バスは、環境配慮の観点から電気バスに切り替わります。車両は中国BYD製の大型ノンステップバスで、ガソリンを一切使用せず、充電した蓄電池の電力でモーターを動かすことにより走行します。車体にはコンセントをかたどった「EV-BUS」のロゴがアイキャッチとして配され、富士山の自然をイメージした緑色基調の特徴的なデザインとなっています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉