茨城空港と常磐道を結ぶ「アクセス道路」開通 三郷から石岡小美玉SIC経由で16分短縮

常磐自動車道と茨城空港を最短で結ぶアクセス道路が2021年6月16日(水)に全線開通し、都心から茨城空港がより近くなりました。

茨城空港ターミナルビルのサイン(りっくん_/写真AC)
茨城空港ターミナルビルのサイン(りっくん_/写真AC)

石岡小美玉スマートインターチェンジと茨城空港を結ぶ全長12.6kmの「茨城空港アクセス道路」は、最後の工事区間となった2.0kmの区間(小美玉市竹原〜竹原中郷間)が完成し、6月16日(水)14:00に全線開通しました。これにより、常磐道から約15分で一直線状に空港へアクセスできるようになりました。従来の都心方面からの主要アクセスである千代田石岡インターチェンジからの一般道ルート(国道6号・355号など)では、約35分を要してたのと比べると大きな改善になります。

常磐道三郷インターチェンジから茨城空港への所要時間を比較すると、以前は約70分かかっていたところ、上記の新ルートへの置き換えにより約54分で到達できるようになり、約16分の時間短縮が実現しました(地図と詳細は下図を参照)。

【図表で解説】都心から茨城空港へのアクセス改善

なお、東京駅およびつくば駅から常磐道経由で茨城空港までを結ぶ関東鉄道の高速バスは、新型コロナウイルス感染症の影響による需要減少等を受け、2020年4月から当分の間、全便運休となっています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉