「今だぜ! 東北!」 乗り放題きっぷ今年は平日もOK JR東日本「小さな旅ホリデー・パス」

JR東日本は、南東北エリアが1日乗り放題となる「小さな旅ホリデー・パス」について、利用日を期間限定で拡大します。
(2021年6月12日更新) 一部訂正しました。

只見線 会津西方駅〜会津宮下駅間を走行するJR東日本キハE120形気動車(croissant./写真AC)
只見線 会津西方駅〜会津宮下駅間を走行するJR東日本キハE120形気動車(croissant./写真AC)

「小さな旅ホリデー・パス」は、南東北3県(宮城・山形・福島)のフリーエリア内において、普通列車(快速含む)の普通車自由席およびBRTが1日乗り放題となる通年発売のおトクなきっぷです。通常は利用可能日が土・日・祝日限定(ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始は平日も利用可能)となっていますが、2021年に限り、6月14日(月)〜9月30日(木)の平日にも拡大され、期間中は毎日利用できます。

おねだんは大人2,720円、小児1,350円です。利用日の1か月前から、フリーエリア内のJR東日本みどりの窓口、指定席券売機(一部)、びゅうプラザおよび主な旅行会社で発売されます。ただし、6月14日(月)以降の平日利用分については6月14日(月)から発売開始となります。別に特急券を購入すると、山形新幹線「つばさ」(福島駅〜新庄駅間)を利用することもできます(東北新幹線は利用不可)。また、快速「ゆけむり号」「あいづ」、特急「とれいゆ つばさ」なども、必要な指定席券などを別途購入することにより利用可能となります。

なお、6月14日(月)〜9月30日(木)利用分の「小さな旅ホリデー・パス」券面には、開催中の「東北デスティネーションキャンペーン」に関連して「今だぜ! 東北!」のメッセージが表記されます(6月14日(月)以降に購入したものが対象です)。

【路線図で解説】JR東日本 「小さな旅ホリデー・パス」 利用日を期間限定で拡大

7月1日(木)〜9月30日(木)にはプレゼント企画も実施されます。快速「ゆけむり号」(仙台駅〜新庄駅間、「東北のまつりラッピング車両」で運行する場合限定)または特急「とれいゆ つばさ」(福島駅〜新庄駅間)に乗車し、車内のアテンダントに「小さな旅ホリデー・パス」を提示するとオリジナルグッズ(「ゆけむり号」「とれいゆ つばさ」の車両がかたどられたキーホルダー)がもらえます(数量限定、なくなり次第終了)。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉