JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」7月から紀南へ 和歌山中華そばで夜食のおもてなしも

JR西日本は、2021年夏〜秋期間に紀南方面へ運行する「WEST EXPRESS 銀河」の運転日や運転時刻などの詳細を発表しました。

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」117系電車(ポニー/写真AC)
JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」117系電車(ポニー/写真AC)

3月〜6月は関西〜山陰方面で夜行列車として運転しているWEST EXPRESS 銀河ですが、7月〜12月は初めて紀南方面のルートを走ります。京都駅〜新宮駅間を週2往復程度運転し、下り新宮駅行は夜行特急列車として、上り京都駅行は昼行特急列車として運転します(時刻表と運転日カレンダーは下表を参照)。紀勢本線(きのくに線)には2000年まで新大阪駅発・新宮駅行の夜行普通列車が運転されており、今回21年ぶりの夜行列車復活となります。

旅行中のお食事として、下り列車では、和歌山駅停車中にラーメン店「まる豊」(和歌山駅から徒歩約4分)が「和歌山中華そば」の夜食営業を行います。翌朝は串本駅に到着後、景勝地・橋杭岩(はしぐいいわ)にある「レストラン空海」(専用バスで約5分)で、カツオのタタキ丼をメインにした朝食メニュー「漁師の朝ごはん」をいただけます。また、上り列車では軽食として、かつお茶漬けの名店「萬口」(串本駅から徒歩約5分)で「生かつお刺身(特製ダレ付き)」が味わえるほか、昼食と夕食には紀南地方の食材や郷土料理を使用したお弁当が車内で提供されます。

そのほか、下り列車では串本駅・紀伊勝浦駅・新宮駅で、上り列車では新宮駅・紀伊勝浦駅・太地駅・古座駅・串本駅・すさみ駅で、それぞれ特産品の販売、地元の方やゆるきゃらのお出迎え、伝統芸能の実演などのおもてなしが用意されています。

WEST EXPRESS 銀河の乗客特典として、周参見駅〜新宮駅エリア7市町村の50箇所以上の施設で特典や割引を受けられる「紀南×銀河パスポート」が進呈されます(2022年7月15日まで有効)。このパスポートを指定の配布場所で提示すると、銀河の紀南運行を記念したオリジナルの「クリアファイル」が全員にプレゼントされます。そのほか、女性専用席限定の「アロマスプレー」プレゼントや、新宮駅限定のオリジナルノベルティのプレゼントもあります。

【時刻表で解説】JR西日本 「WEST EXPRESS 銀河」 紀南コース

WEST EXPRESS 銀河は、日本旅行が企画・実施する旅行商品に限定して発売されます。5月14日(金)以降に特設サイトからリンクする旅行商品の専用ページで詳細を確認できます。

現地での2次アクセスに便利なオプションプランも用意されています。駅レンタカー5営業所(紀伊田辺・白浜・串本・紀伊勝浦・新宮)では、Sクラス同日4,000円ほかおトクな価格で利用できる「紀南レンタカープラン」を利用することができます。紀伊勝浦駅・串本駅からは、3時間6,750円の定額制で観光施設を効率的に巡れる予約不要のタクシープラン「駅から観タクン」もあります。また、世界遺産の熊野三山巡りに最適な、熊野御坊南海バス「悠遊フリー乗車券」が銀河利用者限定で発売されます(1日券大人3,000円、小児1,500円ほか)。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉