ベビーカーは予約して駅で借りる時代 JR東日本「ベビカル」で気軽に身軽にお出かけ

JR東日本の駅や商業施設でベビーカーを借りられるサービス「ベビカル」が2021年4月22日(木)に開始しました。

浦和駅に設置されている無人の「ベビカルステーション」(Katsumi/TOKYO STUDIO)
浦和駅に設置されている無人の「ベビカルステーション」(Katsumi/TOKYO STUDIO)

「ベビカル」は、スマートフォンなどで事前予約ができる外出先でのベビーカーレンタルサービスです。予約可能なベビーカーのレンタルサービスは鉄道事業者としては初のサービスです。東京駅、新宿駅、池袋駅、横浜駅、立川駅、舞浜駅など首都圏主要駅を中心とした18か所に無人の「ベビカルスタンド」または有人の「ベビカルステーション」が設けられています。

利用にはWEBサイトからの会員登録が必要です。無人スタンドでは、スマートフォンに表示させた予約画面のQRコードを読み取り部にかざし、ICキーを引き抜くことによりベビーカーが取り出せます。使い終わったら、ICキーを差し込んだ時点で返却となり、登録したクレジットカードから利用料金が決済されます。返却は、貸出と同じ場所に限られます。料金は最初の1時間250円、以降30分ごと100円で、12時間の最大料金は1,500円です。初回会員登録で1時間利用無料となるクーポンがプレゼントされます。

お出かけ先の駅でベビーカーを借りられたら便利という発想から生まれた「ベビカル」は、自宅から駅までの移動や電車の中においてのベビーカー利用を不便に感じ、子どもと一緒に気軽に外出できないという悩みを解消するサービスです。ベビーカーの利用場所に制限はないので、エキナカや駅前でのお買い物やランチ、近くの公園やテーマパークへのお出かけ、子どもがお昼寝をしてしまったときなど、目的に合わせて自由に利用することができます。また、最大7日間まで利用可能なので、ベビーカーを持たずに駅で借りて、旅行や帰省中に利用するような使い方も可能です。

無人スタンドには除菌スプレーが設置されているほか、係員が定期的にベビーカーの清掃・点検を行い安心して利用できるよう配慮されています。

「ベビカル」は、JR東日本とジェイアール東日本企画が共同出資したJREベビーカーシェアリング有限責任事業組合が運営しています。JR東日本新事業創造プログラム「ON1000」において、グループ社員が提案したアイデアが事業化されました。今後はJR東日本管内の駅での展開にとどまらず、他の鉄道事業者や商業施設にも全国的に展開し、このサービスを通して「子どもたちと気軽に外出できる社会」の実現を目指したいとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉