西武新宿線・拝島線が6日・7日は通常ダイヤで運転 緊急事態宣言による減便から一転

西武鉄道は、2021年5月6日(木)・7日(金)は新宿線・拝島線については減便を行わず、通常どおり運転します。

西武新宿線2000系電車(BANANA18/写真AC)
西武新宿線2000系電車(BANANA18/写真AC)

政府より発令された緊急事態宣言に伴う国土交通省および東京都・埼玉県からの要請を受け、西武鉄道はゴールデンウィーク期間中の平日において池袋線・新宿線・拝島線の一部列車を運休する計画を立てていました。4月30日(金)に一部運休が実施されましたが、この日の利用状況を踏まえ、5月6日(木)・7日(金)は新宿線・拝島線については一部運休を実施せず、通常の平日ダイヤで運転されることになりました。

【時刻表で解説】西武 一部列車の運休

池袋線については当初の計画どおり、池袋駅〜小手指駅間を運転する上下各2本の列車が所沢駅〜小手指駅間で区間運休となります。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉