横浜みなとみらいのロープウェイ22日開業 片道5分1,000円「YOKOHAMA AIR CABIN」

横浜市の桜木町駅前と新港地区を結ぶロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」が2021年4月22日(木)に運行を開始します。

みなとみらいの新たなシンボルとなる都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」(いちななさん/斜視)
みなとみらいの新たなシンボルとなる都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」(いちななさん/斜視)

海外ではロンドンやシンガポールなどで親しまれている都市型循環式ロープウェイですが、日本では初めての導入事例となります。横浜市が臨海部を楽しめる新しい交通手段の公募を行い、アミューズメント施設運営会社の泉陽興業(大阪市)が応募した、同社が事業主体となるプロジェクトが採用されました。

JR桜木町駅前広場にある「桜木町」駅と、新港地区の「運河パーク」駅間を直結する運河上のルートに3本の支柱が建設され、ロープには36台のキャビンが取り付けられています(地図は下図を参照)。キャビンは8人乗りで、片道を約5分で結びます。最大高さは約40mで、街や港の景観を高所から眺めながら空中散歩ができる、新しい観光移動施設として期待されています。運河パーク駅からはみなとみらい、よこはまコスモワールド、横浜ワールドポーターズ、赤レンガ倉庫などへ徒歩でアクセスでき、観光スポットへの散策ルートに組み入れて楽しむことができます。

駅とキャビンはバリアフリー構造で、キャビンは空気の自然循環による換気システムや最新式バッテリーによる冷房システムが備わっています。安心して利用できるよう、光触媒による抗菌・抗ウイルス加工も施されているとのことです。世界的な照明デザイナーである石井幹子氏が駅舎やキャビンの照明演出を手がけており、夜になるとライトアップや映像による演出が行われ、昼間とは違った景観がつくり出されます。

YOKOHAMA AIR CABIN運河パーク駅を出発するキャビン(いかっちょ/写真AC)
YOKOHAMA AIR CABIN運河パーク駅を出発するキャビン(いかっちょ/写真AC)

営業時間は10:00〜22:00で、片道券のおねだんは大人(中学生以上)1,000円、小児(3歳〜小学生)500円、往復券は大人1,800円、小児900円です。YOKOHAMA AIR CABINとよこはまコスモワールドの大観覧車「コスモクロック21」のセット券もあり、片道セット券は大人1,500円(通常料金1,900円、以下同じ)、小児1,200円(1,400円)、往復セット券は大人2,300円(2,700円)、小児1,500円(1,800円)で発売されます。なお、小学生以下のお子様のみでの乗車はできません。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉