しなの鉄道「パル鉄スルーパス」 入場券付き乗り放題きっぷでAC長野パルセイロを応援

しなの鉄道は、J3リーグ「AC長野パルセイロ」との共同企画によるおトクなきっぷ「パル鉄スルーパス」を発売しています。

しなの鉄道115系電車(codino/写真AC)
しなの鉄道115系電車(codino/写真AC)

「パル鉄スルーパス」は、長野Uスタジアムまでの往復の交通とスタジアム入場券が1枚になった、しなの鉄道沿線からのサッカー観戦におトクで便利なきっぷです。2020年シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で8月からの発売となりましたが、2021年シーズンは開幕戦から発売が開始されました。

しなの鉄道線小諸駅〜篠ノ井駅間の1日フリー乗車券、篠ノ井駅〜長野Uスタジアム間のシャトルバス往復券、さらにAC長野パルセイロ・トップチームのリーグ公式戦入場券(ホーム自由席)がセットになっています。小諸駅〜篠ノ井駅間は当日限り1日乗り放題なので、途中下車して沿線を観光しながらの移動もできます。

おねだんは大人2,500円、小中学生1,000円です。スタジアム入場券(当日券)の価格(大人2,600円)よりも安くなっており、大変おトクに1日を楽しめるきっぷとなっています。発売期間は2021年3月18日(木)〜12月5日(日)で、この期間内に行われるAC長野パルセイロ・トップチームのホームゲーム開催日のみ利用可能です。発売箇所は小諸駅・上田駅の各駅窓口(営業時間内)です。

AC長野パルセイロは、長野市を中心とした北信地域をホームタウンとし、1990年に創立したプロサッカークラブです。「パルセイロ」はポルトガル語で「パートナー」を意味し、地域社会と強いパートナーシップで共生する「地域密着協働型スポーツクラブ」を目指して活動しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉