東武アーバンパークライン清水公園〜梅郷間28日に高架化 写真で見る愛宕駅・野田市駅

東武アーバンパークラインの清水公園駅〜梅郷駅間約2.9kmが2021年3月28日(日)から高架化され、愛宕駅・野田市駅が高架駅となります。

高架化に伴い除去される東武アーバンパークライン愛宕駅南側の踏切を通る東武8000系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)
高架化に伴い除去される東武アーバンパークライン愛宕駅南側の踏切を通る東武8000系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)

東武鉄道は、千葉県が事業主体となり2008年から工事が進められている「東武野田線(野田市)連続立体交差事業」により、3月28日(日)始発列車から清水公園駅〜梅郷駅間の高架区間の使用を開始します。地上の線路を高架に切り替えることにより11か所の踏切が廃止され(うち2箇所は工事に伴いすでに閉鎖済み)、安全性が向上します。

高架化区間内にある愛宕駅、野田市駅の両駅も高架駅となり、愛宕駅については同日に新駅舎の使用が開始されます。新駅舎内の改札口やエレベーター、エスカレーター、トイレなどバリアフリー設備も利用可能となります。

愛宕駅は「『現代から未来へ』~生まれ変わる愛宕~」がデザインコンセプトとなっており、江戸川の流れに高瀬舟が帆を張って未来へと進んでいく様子をファザードデザインで表現したとしています。緩やかに折り曲げられた連続パネルが目を引く外壁面は、江戸川の水面が揺れる様子をイメージして形成されているとのことです。

東武アーバンパークライン愛宕駅新駅舎に設けられる新しい西口(Katsumi/TOKYO STUDIO)
東武アーバンパークライン愛宕駅新駅舎に設けられる新しい西口(Katsumi/TOKYO STUDIO)

愛宕駅の工事に伴って西口が閉鎖されていましたが、新駅舎には西口が設けられ、駅西側の「ヨークプライス野田店」近くに直接出られるようになります。今後は野田市により愛宕駅西口駅前広場を整備する事業が始まり、2023年度に完成する予定です。また、東口にある仮駅舎は高架化後もしばらく使用され、駅東側からは旧ホーム上に設けられる仮通路を経由して新駅舎にアプローチするかたちとなります。

東武アーバンパークライン愛宕駅東側の仮駅舎はしばらく併用(Katsumi/TOKYO STUDIO)
東武アーバンパークライン愛宕駅東側の仮駅舎はしばらく併用(Katsumi/TOKYO STUDIO)

野田市駅は、3月28日(日)からホーム1面、線路2線のまま高架化されます。新ホームへのエレベーターやエスカレーターは利用できますが、今後も駅の工事が続くため、改札口およびトイレは現在の仮駅舎のものが引き続き使用されます。2023年度には旧地平線路の直上に高架橋が増設され、ホーム2面、線路4線の駅へと生まれ変わります。完成と同時に、現在建設中の新駅舎が使用開始となる予定です。

建設中の東武アーバンパークライン野田市駅新駅舎と駅西土地区画整理事業用地(Katsumi/TOKYO STUDIO)
建設中の東武アーバンパークライン野田市駅新駅舎と駅西土地区画整理事業用地(Katsumi/TOKYO STUDIO)

野田市駅の新駅舎は「『温故知新』~歴史に寄り添い発展する街~」のデザインコンセプトとなっており、昭和初期に建築された旧野田町駅の雰囲気が継承されます。野田市には興風会館や千秋社など近代化産業遺産が数多く存在するため、それらとの調和を目指したファザードデザインになるとのことです。建設中の新駅舎の西側では、野田市による土地区画整理事業が2027年度の完成を目標に進められており、駅と駅前の風景は今後一新されることになります。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉