秩父鉄道がフリーきっぷを2種類に再編 使用済み券でオリジナルグッズのプレゼントも

秩父鉄道は、使用済みフリーきっぷを3枚・5枚・10枚数集めるとオリジナルグッズがもらえるキャンペーンを実施します。

秩父鉄道7000系電車(写真AC/ちゃんこちゃんこ)
秩父鉄道7000系電車(写真AC/ちゃんこちゃんこ)

2021年4月1日(木)〜9月26日(日)に開催される「何度でも!フリーきっぷでおトクに乗ろう!キャンペーン」は、対象の使用済みフリーきっぷを駅に提示すると、秩父鉄道オリジナルグッズがプレゼントされる企画です。キャンペーン期間中に購入かつ使用開始したきっぷに限ります。

プレゼントは提示枚数に応じて3種類用意されています。3枚集めると「SLパレオエクスプレス オリジナルクリアファイル」、5枚なら「秩父鉄道レジャーシート」(下のリンクを参照)、10枚集めた方には「SLパレオエクスプレス PVCカバー付きロディアブロックメモ」がプレゼントされます。引換箇所は羽生駅・熊谷駅・寄居駅・秩父駅の各駅窓口です。1人につき1つまででなくなり次第終了となり、予告なくプレゼント品が変更となる場合もあるとのことです。

対象となるフリーきっぷは、「秩父路遊々フリーきっぷ」および「長瀞秩父おでかけきっぷ」です(詳細は下図を参照)。大人用・子ども用とも対象です。

「秩父路遊々フリーきっぷ」は、秩父鉄道全線が1日乗り放題となるおトクなきっぷです。利用可能日は土・日曜・祝日(通年)と「SLパレオエクスプレス」運転日および、冬休み・春休み・夏休み期間の毎日です(春休みは4月1日(木)〜4月9日(金))。秩父鉄道各駅で、乗車日の1か月前から利用可能日当日まで購入できます。おねだんは大人1,600円、子ども800円です。現在の大人1,470円、子ども740円から4月1日(木)に価格改定されます。

「長瀞秩父おでかけきっぷ」は、秩父鉄道の寄居駅〜三峰口駅間が1日乗り放題となるきっぷで、4月1日(木)から新しく発売されます。曜日の制限なく通年で利用可能です。寄居駅〜三峰口駅間の各駅で乗車日の1か月前から当日まで購入できます。おねだんは大人1,000円、子ども500円です。

どちらのフリーきっぷも、秩父鉄道沿線の観光スポットや飲食店など50か所以上の協賛施設で提示すると、割引やプレゼントなどが受けられる特典がついています。

【図表で解説】秩父鉄道 おトクなきっぷをリニューアル

なお、現在発売されている企画乗車券「ぶらり! 秩父・長瀞おでかけきっぷ」「ながとろ満喫きっぷ」は、3月31日(水)をもって発売終了となります。これら2種類の乗車券は、1日乗り降り自由タイプの「長瀞秩父おでかけきっぷ」に統合されるかたちとなります。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉