【運行情報】東北新幹線が3月13日から新たな臨時ダイヤに 北海道新幹線との直通再開

地震の影響で臨時ダイヤで運転している東北新幹線は、2021年3月13日(土)以降は新たな臨時ダイヤでの運転となります。

秋田新幹線直通用のJR東日本E6系(左)と北海道新幹線直通用のJR北海道H5系との併結運転(写真AC/マンハッタン)
秋田新幹線直通用のJR東日本E6系(左)と北海道新幹線直通用のJR北海道H5系との併結運転(写真AC/マンハッタン)

2月13日(土)に発生した福島県沖地震により、東北新幹線は現在、通常の8割程度の本数の臨時ダイヤにより運転しています。那須塩原駅〜一ノ関駅間で速度を落として運転しているため、東京駅〜仙台駅・盛岡駅間で通常ダイヤより所要時間が1時間程度多くかかっています。

JR東日本によると、那須塩原駅〜郡山駅間と仙台駅〜一ノ関駅間については、復旧作業および安全確保の見通しがついたとして、3月12日(金)をもってこの区間の徐行運転が終了します。

3月13日(土)からの新たな臨時ダイヤでは、現在乗り換えが必要な東京方面と北海道新幹線との直通運転が再開されます。郡山駅〜仙台駅間は引き続き徐行運転となるため、この区間の所要時間は通常より30分程度長くなります。また、列車本数は3月13日(土)以降も通常の8割程度となります。

各方面の最終列車は通常ダイヤよりも30分〜1時間程度繰り上がります(時刻表は下表を参照)。

【時刻表で解説】東北・山形・秋田・北海道新幹線 3月13日(土)以降の臨時ダイヤ 各方面の最終列車時刻

JR東日本は、3月13日(土)以降の東北新幹線時刻表については「JR東日本アプリ」の時刻検索への反映を予定しているとのことです。JR東日本以外の時刻表検索アプリへの反映はそれぞれの運営会社の対応に依存するため、各社のアプリで確認するよう案内しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉