鹿島臨海鉄道大洗鹿島線が3月13日ダイヤ改正 大洗〜鹿島神宮間は昼間2時間おきに

鹿島臨海鉄道は2021年3月13日(土)に大洗鹿島線のダイヤ改正を実施し、昼間時間帯の列車の削減や最終列車時刻の見直しを行います。

大洗鹿島線大洗駅に停車中の鹿島臨海鉄道6000形気動車(写真AC/真明)
大洗鹿島線大洗駅に停車中の鹿島臨海鉄道6000形気動車(写真AC/真明)

昼間時間帯では、大洗駅〜鹿島神宮駅間で上下各2本の列車が削減されます。大洗駅〜鹿島神宮駅間の10〜15時の列車は、現行ダイヤではおおむね1時間に1本のところ、改正後はおおむね2時間に1本に減便となります。

最終列車の時刻も変更されます。水戸駅発の下り最終列車・新鉾田駅行は、現行の22:32発から改正後は22:18発に14分繰り上げ、大洗駅行は23:33発から23:23発に10分繰り上げとなります(時刻表は下表を参照)。

【時刻表で解説】鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 3月13日ダイヤ改正 最終列車時刻表

ダイヤ改正では、新型車両8000形気動車の導入に合わせ車両運用が見直されるほか、昼間時間帯の編成両数が原則として1両に統一されます。

また、大洗駅および新鉾田駅の営業体制が見直され、駅窓口と自動券売機の営業時間が短縮されます。鹿島臨海鉄道では、窓口等が閉鎖されている時間帯は無人駅と同じ扱いとなるため、乗車の際に整理券を取り、降車時に精算するよう呼びかけています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉