JR西日本「春の関西1デイパス」 神戸市営地下鉄・神戸電鉄と初コラボで有馬温泉へも

JR西日本は、春の日帰り旅行やおでかけに便利でおトクなきっぷ「春の関西1デイパス」を発売します。

JR西日本221系電車(左)と223系電車(写真AC/ポニー)
JR西日本221系電車(左)と223系電車(写真AC/ポニー)

「春の関西1デイパス」は、JR西日本の関西自由周遊区間内の普通列車(新快速・快速含む)の自由席が1日乗り放題となるきっぷです。京阪神エリアのみならず、敦賀駅(福井県)、彦根駅(滋賀県)、五条駅(和歌山県)、播州赤穂駅(兵庫県)など広い範囲のおでかけも楽しめます(路線図は下図を参照)。特急・急行列車に乗車する場合は、別に特急券・急行券を購入する必要があります。また、新幹線は利用できません(特急券のほかに乗車券が必要になります)。

発売期間は2021年2月26日(金)〜5月30日(日)、利用期間は3月1日(月)〜5月31日(月)です。有効期間は1日間で、利用日の1か月前から前日までの発売となります(利用日当日は購入できません)。おねだんは大人3,600円、子ども1,800円です。関西自由周遊区間内および和歌山・福知山地区の駅(一部の駅を除く)の「みどりの券売機」および、JR西日本ネット予約「e5489(いいごよやく)」で発売されます。「みどりの窓口」および旅行会社等では発売されません。

「春の関西1デイパス」を提示すると、大阪水上バスのクルーズ船「アクアライナー」「水都号アクアmini」も1日乗り放題となります。「アクアライナー」の発着する大阪城港は、大阪環状線の大阪城公園駅からすぐの場所にあります。電話による事前予約もできます。

きっぷには、レンタサイクル「駅リンくん」の利用も含まれています。関西周遊区間内のJR西日本レンタカー&リースの主な営業所で、きっぷの利用日当日の1回に限り利用できます(大人用自転車のみ)。

【路線図で解説】JR西日本 「春の関西1デイパス」 関西自由周遊区間

さらに、各鉄道事業者と連携した、利用可能エリアが広がるチケットが4種類用意されており、いずれかひとつに引き換えることができます(下図を参照)。

2021年版「春の関西1デイパス」で新たに加わった「有馬温泉チケット」は、神戸市営地下鉄三宮駅〜谷上駅間および神戸電鉄谷上駅〜有馬温泉駅間の往復乗車と、有馬温泉周辺の一部施設(有馬本温泉金の湯、有馬温泉銀の湯、有馬温泉太閤の湯ほか)で利用できる割引優待券がセットになっています。神戸市営地下鉄・神戸電鉄と「関西1デイパス」で連携するのは今回が初めてです。

「京都定期観光チケット」は、京阪電車の京橋駅〜東福寺駅間の往復乗車と、東福寺駅〜出町柳駅間の1日乗り放題に加え、京阪バスの「京都定期観光バス」対象3コースのうち1コースが利用できます。選べる対象コースは、「京都半日~三十三間堂・伏見稲荷大社~(HA)コース」「京都半日~二条城・龍安寺~(HC)コース」「桜の名所、平野神社と哲学の道散策~(XP)コース」です。京都定期観光バスは事前の電話予約がおすすめです。京阪電車の座席指定サービス「プレミアムカー」を利用する場合は、別途料金が必要です。

「室生寺・長谷寺参拝チケット」は、近鉄電車の鶴橋駅または京都駅〜長谷寺駅間の往復乗車と、長谷寺駅〜室生口大野駅間の1日乗り放題、奈良交通バス(室生口大野駅〜室生寺間)の片道乗車券2枚がセットになっています。室生寺および長谷寺の拝観料金・入山料金割引券も利用可能です。近鉄特急に乗車する場合は、別に特急券の購入が必要です。

「高野山チケット」は、南海電鉄の新今宮駅〜高野山駅間(ケーブルを含む)の往復乗車券と、南海りんかんバスの高野山内1日乗り放題が含まれています。金剛峯寺、金堂、根本大塔、霊宝館で利用できる拝観料割引サービスと、一部の店舗のお土産・飲食割引特典も付いています。南海電鉄の特急「こうや」などの座席指定列車を利用する場合は、別に特急券が必要です。また、展望列車「天空」に乗車する場合は、予約と座席指定料金が別途必要です。

【路線図で解説】JR西日本 「春の関西1デイパス」 選べるチケット

そのほか、「春の関西1デイパス」提示により、「京都鉄道博物館」で入館料金割引とオリジナルグッズがプレゼント(入館者のみ)されます。また、琵琶湖周辺の一部施設での各種特典、琵琶湖汽船・オーミマリンのクルーズ乗船料割引特典も受けられます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉