「嵯峨野トロッコ列車」3月1日運行開始 抗ウイルス車両で春の京都・保津峡を満喫

京都府の観光鉄道「嵯峨野トロッコ列車」が2021年3月1日(月)に今シーズンの運転を開始します。

桜並木を通り抜ける嵯峨野トロッコ列車の客車(写真AC/やんちんぐ)
桜並木を通り抜ける嵯峨野トロッコ列車の客車(写真AC/やんちんぐ)

2020年12月31日から車両・線路整備のため冬期運転休止していた「嵯峨野トロッコ列車」は、例年どおり2021年3月1日(月)始発から運転を再開します。嵯峨野観光鉄道によると、トロッコ全車両の車内に「抗ウイルス・抗菌加工」を施しており、ガイドラインに基づき新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を十分に行っていくとしています。

なお、例年行っている運転開始セレモニーについては、昨今の情勢を踏まえ2021年は実施しないとのことです。

【時刻表で解説】嵯峨野トロッコ列車 時刻表

3〜6月の運行カレンダーも発表されました。多客期には臨時列車「嵯峨野/嵯峨野リッチ81・82号」が運行されますが、水曜日は全便運休となる日があります(運行日カレンダーは下表を参照)。

また、平日の一部の日には、上下の始発列車「嵯峨野/嵯峨野リッチ1・2号」が運休となり、トロッコ嵯峨駅10:02発、トロッコ亀岡駅10:30発の列車からの運転となります。トロッコ嵯峨駅で当日乗車券を発売開始する時刻は通常8:35ですが、始発列車運休日は9:35に1時間繰り下がります(トロッコ嵐山駅・トロッコ亀岡駅も同様に1時間繰り下げ)。

【図表で解説】嵯峨野トロッコ列車 2021年3〜6月 運行カレンダー

「嵯峨野トロッコ列車」の乗車券は、乗車日の1か月前から京阪神のJR西日本の一部の駅、全国の主な旅行会社で発売するほか、JR西日本インターネット予約「e5489(いいごよやく)」でも予約購入できます。

嵯峨野観光鉄道によると、今後の情勢の変化により運行予定は変更する場合があるとしています。また、7月以降の運休日については別途告知するとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉