伊豆急行が3月13日ダイヤ改正で減便と終電繰り上げ 「踊り子」は全車指定席に

伊豆急行線は2021年3月13日(土)ダイヤ改正により、夕方以降の運転本数見直しと終電時刻の繰り上げが実施されます。

蓮台寺駅に到着する伊豆急行2100系「リゾート21/黒船電車」(写真AC/ジュンP)
蓮台寺駅に到着する伊豆急行2100系「リゾート21/黒船電車」(写真AC/ジュンP)

伊豆急行によると、利用客の行動様式の変化への対応、鉄道工事における働き方改革や保守作業の効率化を目的としてダイヤを見直すとしています。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、伊豆急行線は2020年5月1日以降、夕方・夜間時間帯の一部列車の運休および運転区間変更、終電時刻の繰り上げを含む「減便ダイヤ」により運行されています。3月13日(土)改正ダイヤは現在の「減便ダイヤ」の方針が引き継がれ、運転本数と時刻が一部変更されます。

下り終電の伊東駅発車時刻は、伊豆急下田駅行が現行ダイヤの22:36から改正後は22:00に、伊豆高原駅行は23:31から22:47へと繰り上げられます(現行ダイヤ23:31発の伊豆高原駅行は「減便ダイヤ」により運休中)。また、上り伊東駅行終電の伊豆急下田駅発車時刻は、22:42から22:28に繰り上がります。

【図表で解説】伊豆急行 夕方以降減便と終電繰り上げ

また、特急「踊り子号」の車両がJR東日本E257系リニューアル車に統一されることに伴い、ダイヤ改正日の3月13日(土)から新たな着席サービスが開始します。普通車は全車指定席となり、「指定席特急券」のほか、乗車日と区間のみを指定する「座席未指定券」が発売されます。

伊豆急行線内の普通車特急料金は、現在の指定席特急料金と同じ大人520円(子ども260円)の均一料金となります(伊豆急行線内のみ利用の場合、車内・事前料金の区別はありません)。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉