「ゆるキャン△」が天竜浜名湖鉄道とコラボ 記念きっぷやラッピング列車が登場

天竜浜名湖鉄道とテレビアニメ「ゆるキャン△SEASON2」がコラボレーションし、フリーきっぷや記念入場券が限定発売されます。

カモメが飛び交う浜名湖佐久米駅に停車中の天竜浜名湖鉄道TH2100形気動車
カモメが飛び交う浜名湖佐久米駅に停車中の天竜浜名湖鉄道TH2100形気動車

「あfろ」氏の原作による「ゆるキャン△」は、キャンプ楽しむ女子高校生たちの日常と非日常が描かれたアウトドア系の漫画作品で、現在第2編のテレビアニメがSBS静岡放送ほか各局で放映されています。野外活動は山梨県や静岡県をはじめとする実在の場所が舞台となっており、原作やアニメに天竜浜名湖鉄道沿線が登場したことからコラボレーションが実現しました。

コラボ記念グッズとして、原作のシーンがデザインされた「『ゆるキャン△』×天浜線 1日フリーきっぷ」が発売されます。浜名湖佐久米駅が描かれた「Aタイプ」と、気賀駅が描かれた「Bタイプ」の2種類があり、2021年2月12日(金)から各1,000枚限定発売されます。発行日から3か月間のうち1日限り、天竜浜名湖線全線が乗り降り自由となるきっぷで、お値段は大人1,750円、子ども880円です(税込)。発売場所は各有人駅(掛川駅・遠州森駅・天竜二俣駅・西鹿島駅・金指駅・三ケ日駅・新所原駅)の窓口です。

このフリーきっぷ2種類(A・Bタイプ)を購入した方への特典として、非売品の「ゆるキャン△」コラボ缶バッジ(全6種類)が1個プレゼントされます。引き換えは天竜二俣駅売店で行われますが、なくなり次第終了するとのことです。

また、同じく2月12日(金)から「『ゆるキャン△』×天浜線 記念入場券セット」も発売されます。気賀駅と浜名湖佐久米駅の硬券入場券各1枚と記念台紙がセットになっており、限定3,000セットの発売です。お値段は880円(税込)で、各有人駅、奥浜名湖観光協会(気賀駅)、「かとれあ」(浜名湖佐久米駅)の各発売箇所のほか、天浜線公式オンラインショップ「てんはまや」の通信販売でも購入可能です。

車体の全面に「ゆるキャン△」デザインが施されたラッピング列車(TH2109号車)も登場し、2月12日(金)の天竜二俣駅13:50発・新所原駅行列車から運行が開始されます。公式サイトの特設ベージでは、最大2週間先までの運行時刻の予定を見ることができます。ただし、土・日曜の運行予定は「密を避けるため」非公開となっています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉