西鉄天神大牟田線3月13日ダイヤ改正 平日昼間の特急列車が消滅(終電時刻表付き)

西鉄天神大牟田線は2021年3月13日(土)のダイヤ改正により終電時刻が繰り上がるほか、平日の日中時間帯において特急列車の運転が取り止められます。

西鉄天神大牟田線6000形電車
西鉄天神大牟田線6000形電車

西日本鉄道がダイヤ改正の詳細な内容を発表しました。新型コロナウイルス感染症の影響により利用者が大幅に減少していることを踏まえ、ポストコロナ社会において持続的に鉄道サービスを提供するための改正と位置づけています。

天神大牟田線では平日・土休日ダイヤとも、終電時刻の繰り上げが行われます。深夜時間帯の利用の落ち込みが顕著なことに加え、保守作業員や乗務員、駅係員等の労働環境を改善するために実施するとのことです。

平日ダイヤでは、西鉄福岡(天神)駅発の各行先への下り終電時刻が13〜30分繰り上げられます。西鉄福岡(天神)駅を最後に出発する列車は、現行ダイヤでは急行花畑行(0:00発)ですが、3月13日(土)改正後は普通筑紫行(23:35発)となります。また、西鉄福岡(天神)駅行の上り列車も終電時刻が22〜25分繰り上げとなります。

土曜・日祝ダイヤでは、下り列車の一部の終電時刻が13〜15分繰り上げられます。上りの終電も1分程度時刻が変更となる列車があります。

太宰府線では、平日・土曜・日祝とも約15分の終電時刻繰り上げが実施されます。

【図表で解説】西鉄天神大牟田線 3月13日ダイヤ改正 終電繰り上げ

平日ダイヤでは、終電以外にも21時以降の列車について、運転取り止めや種別・運転区間の変更などが実施されます。現行ダイヤで西鉄福岡(天神)駅発・大牟田駅行の特急列車は22:32発まで運行されていますが、3月13日(土)ダイヤ改正後は22:00発が最後の特急となります。

平日11〜15時台の日中時間帯から特急列車22本が姿を消します。西鉄福岡(天神)駅〜小郡駅間運転の急行列車が運転取り止めとなり、急行停車駅の利便性を維持するために西鉄福岡(天神)駅〜大牟田駅間の特急が急行に種別変更されます。これにより、全線通しの所要時間は特急より9分増の73分になります。なお、西鉄福岡(天神)駅〜西鉄二日市駅間を運転する普通列車については、西鉄小郡駅まで運転区間が延長されます。

西鉄によると、西鉄福岡(天神)駅〜西鉄二日市駅間は減便になりますが、西鉄二日市駅〜大牟田駅間はおおむね現行の本数が維持されるとのことです(図表を参照)。

【図表で解説】西鉄天神大牟田線 日中時間帯の運転パターン比較

天神大牟田線の土休日ダイヤは、各曜日の利用状況に合わせるため、3月13日(土)のダイヤ改正以降は「土曜ダイヤ」「日祝ダイヤ」に分けられます。

土曜ダイヤでは、朝時間帯(6〜8時台)において主に西鉄福岡(天神)駅発着便が1時間あたり1本程度減便されます。

一方の日祝ダイヤでは、朝時間帯(6〜8時台)に西鉄福岡(天神)駅発着便を中心に削減されますが、その本数は土曜ダイヤよりも多く、1時間あたり1〜2本程度の減便となります。また、夜時間帯の19〜21時台にも、西鉄福岡(天神)駅〜西鉄二日市駅間を中心に列車本数が削減されます。

土曜・日祝ダイヤとも、日中時間帯の運行体系は変更されず、西鉄福岡(天神)駅〜大牟田駅間の特急列車も引き続き運転されます。

太宰府線は終電以外の時間帯については、時刻の変更があるものの運行本数は現状が維持されます。甘木線も同様に時刻変更のみ行われ、列車の本数は変わらないとしています。なお、貝塚線については2021年春のダイヤ改正は予定していないとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉