都営三田線が3月13日ダイヤ修正 東京メトロ南北線に合わせ終電3分繰り上げ

東京都交通局は都営地下鉄三田線の一部列車について、2021年3月13日(土)から行先および時刻を変更すると発表しました。

都営地下鉄三田線6300形電車
都営地下鉄三田線6300形電車

都営三田線のダイヤ修正は、一部区間で並走する東京メトロ南北線および、相互直通する東急目黒線のダイヤ改正に合わせて実施されます。

平日・土休日ダイヤとも、西高島平駅23:48発の白金高輪駅行終電について、時刻が3分繰り上げとなります(西高島平駅23:45発・白金高輪駅0:33着)。この列車は、終点の白金高輪駅で南北線からの目黒行終電(白金高輪駅0:34発)に接続します。また、土休日ダイヤでは、西高島平駅23:20発の列車の行先が日吉駅行から武蔵小杉駅行に変更されます。

平日・土休日とも、上記以外に時刻が変更される列車があります。

この変更は、緊急事態宣言や1都3県知事および国土交通省からの要請を受けて1月20日(水)から実施している終電繰り上げとは内容が異なるとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉