【特集】東急3月13日ダイヤ改正 田園都市線の昼間パターンを刷新(終電時刻表付き)

東急電鉄は、2021年3月13日(土)に実施する東急線全線のダイヤ改正において、終電時刻の繰り上げ、日中時間帯を中心とした運転本数の見直しなどを実施すると発表しました。

東急大井町線9000系電車
東急大井町線9000系電車

3月13日(土)のダイヤ改正では、事前告知されていた終電繰り上げ以外にも、多くの路線において日中時間帯などの運行ダイヤが見直されます。沿線人口が多く、昼夜問わず恵まれた列車本数が提供されている印象がある東急線各線ですが、ダイヤ改正により利用者にどれくらい影響があるのか、図表を使いながら分析します。

全線で終電を15〜30分程度繰り上げ

3月13日(土)のダイヤ改正では、こどもの国線を除く東急線全線で15〜30分程度終電時刻が繰り上げられます。理由として、ホームドアなどの設備増加に伴い保守業務量が増えており、夜間作業時間や要員を確保する必要があること、また、新型コロナウイルス感染症の影響により深夜時間帯の利用状況が大きく変化したことを挙げています。

なお、緊急事態宣言に伴う自治体等からの要請を受けて1月20日(水)から実施している終電繰り上げとは別内容で、時刻は異なるとのことです。また、始発電車の時刻には大きな変更はないとしています。

主要駅の終電時刻を下表に示します。なお、現行ダイヤとして表示されている時刻は、1月20日(水)からの終電繰り上げは加味されていませんのでご注意ください。

【図表で解説】東急 3月13日ダイヤ改正 終電繰り上げ(1)

【図表で解説】東急 3月13日ダイヤ改正 終電繰り上げ(2)
【図表で解説】東急 3月13日ダイヤ改正 終電繰り上げ(2)

田園都市線の朝ラッシュが速達に

田園都市線では、平日朝ラッシュ時間帯に中央林間駅から乗車できる速達列車が充実します。6時台の中央林間駅発準急1本がより速い急行に置き換えられ、渋谷駅までの所要時間が9分短縮します。

7時台の中央林間駅始発の準急は現行ダイヤでは2本ですが、3月13日(土)以降は5本に増加します。この時間帯の準急は現在ほとんどが長津田駅始発となっていますが、その本数がダイヤ改正により変更されるかどうかはまだ発表されていません。

また、東横線では横浜駅平日6:25発の特急について、横浜駅〜渋谷駅間の所要時間が1分短縮されます。

【図表で解説】田園都市線 中央林間発 朝の速達列車

次ページ: 田園都市線・大井町線は日中の運転パターンを刷新
〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉