東京メトロが3月13日に全線でダイヤ改正 終電繰り上げ(主要駅時刻表付き)

東京メトロは2021年3月13日(土)にダイヤ改正を実施し、夜間作業時間の確保を目的とした終電時刻の繰り上げを全線で行うと発表しました。

東京メトロ半蔵門線8000系電車
東京メトロ半蔵門線8000系電車

終電時刻については、同じく繰り上げを予定している他社路線との接続等が考慮され、平日・土休日ダイヤとも東京メトロ全線でおおむね10分程度繰り上げが実施されます。繰り上げ幅が最大となるのは千代田線の北千住駅発・松戸駅行の最終列車で、現行ダイヤより16分早くなります。なお、始発電車の繰り下げは実施されません。

一部の路線では利用状況に合わせて混雑の平準化を図るため、朝・夕ラッシュ時間帯等で運転本数のシフトや増発が行われます。銀座線では浅草駅〜渋谷駅間で7時台および17時前後に各1往復がシフトされます。丸ノ内線は、池袋駅〜荻窪駅間で7時台および16時台に各1往復シフトされます。

東西線では、西船橋駅〜中野駅間で7時前後に1本シフトされ、15時台から17時台にかけて1往復の増発が行われます。千代田線では、5時台の北綾瀬駅〜代々木上原駅間、6時台の代々木上原駅〜綾瀬駅間に各1本が増発され、16時台にも代々木上原駅〜綾瀬駅間で1本が増発されます。半蔵門線では、渋谷駅〜押上駅間の列車2往復が15時台から16時台にシフトされます。

なお、緊急事態宣言に伴う1都3県の自治体および国土交通省からの要請により1月20日(水)から終電繰り上げが行われていますが、ダイヤ改正の内容とは異なるので注意するよう呼びかけています。東京メトロでは、自社線および各社線への終電乗り換え時刻について、後日公式サイトで案内するとしています。

主要駅の終電時刻表

東京メトロの主な駅における現行の終電時刻および、3月13日(土)改正後の終電時刻を下表に示します。なお、記載の現行時刻は、1月20日(水)から実施している終電繰り上げ分は考慮されていないのでご注意ください。

【図表で解説】東京メトロ3月13日ダイヤ改正 終電繰り上げ(1)

【図表で解説】東京メトロ3月13日ダイヤ改正 終電繰り上げ(2)

【図表で解説】東京メトロ3月13日ダイヤ改正 終電繰り上げ(3)
【図表で解説】東京メトロ3月13日ダイヤ改正 終電繰り上げ
〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉