「かわせみ やませみ」「いさぶろう・しんぺい」 春も門司港〜博多間を運転

JR九州は、「かわせみ やませみ」「いさぶろう・しんぺい」を連結した臨時列車について、2021年3月以降も鹿児島本線門司港駅〜博多駅間で運転します。

肥薩線のD&S列車「かわせみ やませみ」キハ40系気動車
肥薩線のD&S列車「かわせみ やませみ」キハ40系気動車

一部区間が不通となっている肥薩線で活躍していたD&S列車(観光列車)「かわせみ やませみ」(2両)と「いさぶろう・しんぺい」(2両)を連結し、4両編成の臨時列車として運行されます。肥薩線沿線の応援企画として2020年8月8日から運行を開始しています。

門司港駅〜博多駅間で特急列車として上下各1本運転されています。JR九州によると好評を得ているため、引き続き3〜6月も土・日・祝日を中心に運転するのことです。「かわせみ やませみ」のベンチシートについては現在発売が見合わされていますが、4月1日運転の列車から発売が開始される予定です。

【路線図で解説】「かわせみ やませみ」「いさぶろう・しんぺい」
【路線図で解説】「かわせみ やませみ」「いさぶろう・しんぺい」

【図表で解説】「かわせみ やませみ」「いさぶろう・しんぺい」

肥薩線は2020年7月豪雨により、球磨川第1橋りょうの流失をはじめ450箇所で災害が発生し、現在も八代駅〜吉松駅間が不通となっています。「かわせみ やませみ」は肥薩線の熊本駅〜人吉駅間、「いさぶろう・しんぺい」は熊本駅〜吉松駅間で運行されていたD&S列車で、どちらも木材をふんだんに使用した温かみのある内装が特長です。

肥薩線のD&S列車「いさぶろう・しんぺい」キハ40系気動車
肥薩線のD&S列車「いさぶろう・しんぺい」キハ40系気動車
〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉