関東鉄道常総線の最終列車25日から繰り上げ 茨城県独自の緊急事態宣言中

関東鉄道は、新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言の発出などを踏まえ、常総線において最終列車の繰り上げを実施すると発表しました。

取手駅に停車中の関東鉄道常総線キハ2300形気動車
取手駅に停車中の関東鉄道常総線キハ2300形気動車

実施期間は2021年1月23日(土)から当分の間となります。常総線の取手駅〜水海道駅間が対象で、現行ダイヤの最終列車上下各1本の運行が取り止められます。これにより、取手駅発・水海道駅行の最終列車の発車時刻は、現行の0:19から23:54(平日ダイヤ、土休日ダイヤは23:50)に繰り上げとなります。また、水海道駅・取手駅行の最終列車についても時刻が繰り上がります。

【路線図で解説】関東鉄道常総線 25日から最終列車繰り上げ

茨城県では、県独自の緊急事態宣言が発令されました。1月18日(月)〜2月7日(日)の期間中、県内全域において不要不急の外出自粛などが要請されています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉