【速報】信越本線の柏崎〜長岡間と弥彦線が15日再開 福井・新潟の運行情報

北陸・新潟地方で降り続いた大雪に伴う除雪作業の影響で、JR西日本、JR東日本、えちぜん鉄道、えちごトキめき鉄道、北越急行などの路線で2021年1月15日(金)も運転見合わせが発生します。

吉田駅に停車中のJR東日本E127系電車
吉田駅に停車中のJR東日本E127系電車

JR西日本は、越美北線の越前大野駅〜九頭竜湖駅間で15日(金)始発から12時頃まで運転を取り止め、午後の列車から運転を再開すると見込んでいます。福井駅〜越前大野駅間は始発から平常どおり運転するとのことです。

また、大糸線の南小谷駅〜糸魚川駅間は始発から20時頃まで運転が見合わされ、上下線とも最終列車のみ運転されます。この区間では、朝・夕時間帯の一部列車の時刻に合わせて代行輸送が実施されます。

JR東日本によると、新井駅・上越妙高駅〜新潟駅間の特急列車「しらゆき」が15日(金)も全列車運休となります。大雪のため運転を見合わせていた信越本線の柏崎駅〜長岡駅間は、15日(金)始発から運転が再開されます。運転再開後は列車本数を減らしての運転となります。また、弥彦線は上下線の始発列車のみ運休となり、その後の列車から運転が再開されます。

運転見合わせが続いている信越本線(直江津駅〜柏崎駅間)および越後線(柏崎駅〜吉田駅間)は、除雪作業のため15日(金)も終日運休します。両区間とも16日(土)始発からの運転再開を見込んでいるとのことです。

福井県のえちぜん鉄道は、勝山永平寺線の山王駅〜勝山駅間で15日(金)始発から運転を見合わせ、引き続き除雪作業が行われます。運行再開時期は未定としています。また、同区間に電車代行バスを走らせると案内しています。代行バスの途中停車駅は越前竹原駅、発坂駅、比島駅のみとなり、時刻表どおりの運行ができないため列車との接続は考慮されないとのことです。また、福井駅〜山王駅間は始発から平常どおり運転されます。

三国芦原線についても始発から平常どおり運転されますが、9時以降の福井鉄道との相互乗り入れ便はえちぜん鉄道線内は運休し、越前武生駅〜田原町駅間の運転となります。

新潟県のえちごトキめき鉄道は、日本海ひすいラインが大雪の影響により15日(金)も終日運転見合わせとなります。16日(土)からの運転再開に向け除雪作業および安全確認を行っているとのことです。また、乗り入れ運転を行うあいの風とやま鉄道の泊駅〜市振駅間も同じく終日運休となります。

妙高はねうまラインでは、始発から運転見合わせとなりますが、午後は一部列車のみ運転が再開される予定です。運転が予定されているのは、下りが妙高高原駅13:51・17:07・20:26発のいずれも直江津駅行、上りが直江津駅12:36・15:41・18:45発のいずれも妙高高原駅行となっています。

北越急行は、15日(金)も14日(木)と同じくくびき駅〜犀潟駅間で終日運転が見合わされます。越後湯沢駅〜くびき駅間は平常どおり運転されますが、一部の列車が運休となります。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉