【速報】大雪が残る12日は新潟近郊が順次運転再開 JR東日本信越・東北エリア

新潟エリアを中心に降り続いた大雪の影響が残るため、JR東日本の信越・東北エリアでは2021年1月12日(火)も始発から計画運休が行われます。(2021年1月11日23:05現在)

雪が積もる飯山線内ケ巻駅に到着するJR東日本キハ110系気動車(イメージ) ©Katsumi
雪が積もる飯山線内ケ巻駅に到着するJR東日本キハ110系気動車(イメージ) ©Katsumi

1月12日(火)も特急列車に運休が発生します。新井駅・上越妙高駅〜新潟駅間の「しらゆき」号は大雪のため全列車が運転取り止めとなります。「いなほ」は下りの始発〜5号(新潟駅12:32発・秋田駅行)まで、上りの始発〜10号(秋田駅13:00発・新潟駅行)までの列車が全区間運休となります。

新潟エリアでは、信越本線(新津駅〜新潟駅間)および越後線(吉田駅〜新潟駅間)は、上下各1本の始発列車を運休し、その後の列車から運転を再開します。白新線は、下り始発の快速列車1本を運休し、以降は通常どおりの運転となります。羽越本線(新発田駅〜酒田駅間)および磐越西線(五泉駅〜新津駅間)は、始発から午前中の列車の運転を見合わせ、午後以降順次運転を再開する予定としています。

1月12日(火)も大雪のため終日運休が決定している新潟エリアの路線は、信越本線(直江津駅〜新津駅間)、越後線(柏崎駅〜吉田駅間)、上越線(水上駅〜長岡駅)、只見線(只見駅〜小出駅間)、飯山線(戸狩野沢温泉駅〜越後川口駅)、弥彦線、羽越本線(新津駅〜新発田駅間)、磐越西線(喜多方駅〜五泉駅間)および米坂線(今泉駅〜坂町駅間)です。

東北エリアでは、羽越本線が大雪の影響により、新屋駅〜羽後本荘駅間で始発から昼ごろまで運転が見合わされます。秋田駅〜新屋駅間は一部列車が運休となります。津軽線は、青森駅〜蟹田駅間の上り線で始発から7時頃まで、蟹田駅〜三厩駅間の上下線で8時頃までそれぞれ運転見合わせとなります。大湊線は、大雪のため始発から14時頃まで運転見合わせとなります。

奥羽本線の弘前駅〜青森駅間は始発から平常どおり運行される予定ですが、雪や除雪作業の状況によっては遅れや運休が発生する可能性があるとしています。

青森県の青い森鉄道は、野辺地駅〜青森駅間で始発から運転を見合わせます。想定をはるかに超える積雪により除雪作業が難航していることから、運転再開の予定は立っていないとしています。野辺地駅〜八戸駅間は列車の本数を減らして運転され、JR大湊線直通の快速「しもきた」の一部列車も運休となります。目時駅〜八戸駅間は平常どおり運行されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉