【速報】石北本線・宗谷本線など始発から運休 JR北海道9日の運転計画

JR北海道は、大雪の影響により2021年1月9日(土)も道内各路線で計画運休を行います。(2021年1月9日6:50現在)

大雪の影響で特急「オホーツク」も一部運休(イメージ)
大雪の影響で特急「オホーツク」も一部運休(イメージ)

特急列車では、「オホーツク1・2号」(札幌駅〜網走駅間)、「サロベツ2号」(稚内駅→旭川駅間)が1月9日(土)は全区間で運休となります。

普通列車は、室蘭本線の追分駅〜岩見沢駅間で始発から12:40頃まで運転見合わせとなります。宗谷本線(名寄駅〜稚内駅間)は始発から14時頃まで、石北本線(白滝駅〜西留辺蘂駅間)は11時頃まで、釧網本線は14頃まで、根室本線(花咲線)は13時頃までそれぞれ運転が見合わされます。

そのほか、札幌近郊の函館本線、千歳線で一部列車が運休となります。具体的な運休列車はJR北海道公式サイトの運行情報に掲載されています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉