土佐くろしお鉄道に新駅「あき総合病院前」キャラクターは「あき ナースちゃん」

土佐くろしお鉄道は、2021年3月13日(土)にダイヤ改正を実施し、同日ごめん・なはり線の新駅「あき総合病院前駅」(あきそうごうびょういんまえ)を開業することを発表しました。

土佐くろしお鉄道中村・宿毛線の中村駅に停車中の2700系特急気動車
土佐くろしお鉄道中村・宿毛線の中村駅に停車中の2700系特急気動車

中村・宿毛線では特急列車のうち、新型車両2700系で運転される列車が一日3往復から4往復に増えます。新たに2700系車両が投入されるのは、下り「あしずり5号」(高知駅13:49発・中村駅行)と上り「あしずり14号」(中村駅16:48発・高知駅行)です。2700系は2019年9月に営業運転を開始した特急車両で、全席コンセントや無料Wi-Fiなど車内設備が充実しています。

【路線図で解説】土佐くろしお鉄道 中村・宿毛線に新型特急車両増発

ごめん・なはり線の球場前駅〜安芸駅間に開設される「あき総合病院前駅」は、「県立あき総合病院」南側の駐車場に面した場所につくられ、駅舎とエレベーターも設置されます。普通列車のほか、すべての快速列車も停車することが決まっており、病院への通院や従業員の通勤が便利になります。なお、高知駅7:46発の安芸駅行快速列車は、あき総合病院前駅のほか、西分駅・赤野駅・穴内駅にも停車するようになります。

【路線図で解説】土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線に新駅

ごめん・なはり線では、昼間時間帯に1時間に1本程度運転されるJR土讃線直通列車の毎時発車時刻がほぼ統一され、わかりやすいダイヤになります。また、現行ダイヤで高知駅方面との接続がない奈半利駅(12:06、改正後は12:09)発・後免駅行の普通列車は、後免駅でJRダイヤ改正により増発される高知駅行の普通列車に新たに接続し、後続列車よりも早く高知駅に到着できるようになります。

また、後免駅9:08発(現行ダイヤ)の安芸行普通列車は9:22発に繰り下げられ、高知駅9:13発の特急「南風8号」に新たに接続するようになります。「南風8号」は、中村駅7:00発特急「あしずり4号」から高知駅で接続を受けるので、中村・須崎・高知方面から安芸方面への朝の乗り継ぎがスムーズになります。そのほか、JR線との調整などにより、最大15分程度時刻が変更される列車があります。

ところで、ごめん・なはり線といえば、「アンパンマン」などで知られる高知県出身の漫画家・故やなせたかし氏の手により、すべての駅にオリジナルのキャラクターが制定されたことで有名です。高知新聞の報道によると、あき総合病院前駅のキャラクターはやなせ氏の画風を受け継ぐ「やなせスタジオ」がデザインし、ピンクの制服姿の「あき ナースちゃん」に決定したとのことです。新メンバーの追加は初めてのことで、「あき ナースちゃん」のモニュメントや着ぐるみは新駅開業セレモニーで披露されるようです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉