小田急・江ノ電は大晦日終夜運転なし 元日の江ノ島行臨時特急も大幅縮小

追記: 小田急電鉄の臨時列車は運転取り止めとなりました。(2020年12月19日(土)追記)

小田急電鉄と江ノ島電鉄は、2021年1月1日(金・祝)元日早朝に臨時列車を運転し、2020年12月31日(木)大晦日からの終夜運転については実施しないことを発表しました。

特急「ニューイヤーエクスプレス号」に使用される小田急ロマンスカーVSE6000形車両
特急「ニューイヤーエクスプレス号」に使用される小田急ロマンスカーVSE6000形車両

小田急電鉄では例年、全線で大晦日の終夜運転を行っていましたが、今年については実施を見送りました。また、2019年元日には臨時特急ロマンスカーが深夜を含めて8本(下り7本、上り1本)設定されましたが、2021年は下り2本のみに縮小されます。

小田急・江ノ電は大晦日終夜運転なし 元日の江ノ島行臨時特急も大幅縮小

元日早朝に片瀬江ノ島に到着する、「初日の出」や「初詣」に便利な2本の臨時特急が運転されます。ひとつは新宿駅発(4:50)の「ニューイヤーエクスプレス号」で、ロマンスカーGSE(70000形)車両が使用されます。もうひとつは、東京メトロ千代田線北千住駅発(3:55)の「メトロニューイヤー号」で、ロマンスカーMSE(60000形)車両で運転されます。

両列車の特急券は12月1日(火)から小田急線各駅、インターネット予約「e-Romancecar」「ロマンスカー@クラブ」などで発売しています。

江ノ島電鉄1000形
江ノ島電鉄1000形

江ノ島電鉄も恒例の大晦日終夜運転を今年は実施しません。元日の早朝5時台に上下各1本の臨時列車を増発し、上下各1本の定期列車の運転区間を延長します。また、一部の定期列車は運転時刻が変更されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉