阿佐海岸鉄道の列車が29年の歴史に幕 「DMV」に世代交代へ

阿佐海岸鉄道は、DMV(デュアル・モード・ビークル)への置き換えを行う阿佐東線(海部駅〜甲浦駅間)について、列車での運行を2020年11月30日(月)で終了します。

甲浦駅の阿佐海岸鉄道ディーゼル車「しおかぜ」ASA-100形
甲浦駅の阿佐海岸鉄道ディーゼル車「しおかぜ」ASA-100形

国鉄のローカル線として建設していた路線の一部が1992年(平成4年)に阿佐東線として開業し、2021年、線路と道路を両方走れる世界初の交通システムDMVに世代交代します。これにより開業以来、約29年活躍してきたディーゼル車両ASA-100形「しおかぜ」と、廃止となった高千穂鉄道から移籍してきたASA-300形「たかちほ」が引退します。

阿佐海岸鉄道では、今年はさまざまな「さよなら列車イベント」を実施してきました。ラストランとなる11月30日(月)の上り・下り最終列車は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前に限定きっぷを購入した方のみ乗車できる取り扱いとなります。

2020年12月1日(火)から阿佐海岸鉄道阿佐東線の海部駅〜甲浦駅もバス代行輸送に
2020年12月1日(火)から阿佐海岸鉄道阿佐東線の海部駅〜甲浦駅もバス代行輸送に

2020年12月1日(火)から2021年3月頃までの期間、阿佐海岸鉄道の代行バスが阿波海南駅〜甲浦駅間を上下各9便運行します。同じくDMV導入準備のため、牟岐駅〜阿波海南駅間で運休中のJR牟岐線については、同区間で代行バスを2021年1月31日(日)まで運行します。両社の代行バスは阿波海南駅で乗り換えとなります。代行輸送中、阿波海南駅〜海部駅間の運賃は無料となります。

阿佐海岸鉄道「しおかぜ」ASA-100形(右)とJR四国1200系、すでに見ることのできなくなった海部駅での両者の接続
阿佐海岸鉄道「しおかぜ」ASA-100形(右)とJR四国1200系、すでに見ることのできなくなった海部駅での両者の接続

なお、バス代行による時刻変更のため、甲浦駅での室戸岬行バス(高知東部交通)との接続も変更となります。特に、徳島方面から室戸岬・高知方面への最終接続が2時間早くなるため、阿佐海岸鉄道では、反時計回り(高知・室戸岬→甲浦・徳島方面)のほうが観光に便利な時間で利用できると案内しています。

こんな記事も読まれています