京成本線の終電を繰り上げ、始発繰り下げも 2021年春から

京成電鉄は、2021年春にダイヤを見直し、京成本線において終電時刻の繰り上げおよび、始発時刻の繰り下げを実施すると発表しました。

青砥駅〜京成高砂駅間を走る京成3000形車両
青砥駅〜京成高砂駅間を走る京成3000形車両

京成によると、夜間作業時間の確保が課題となっていることと、新型コロナウイルス感染症拡大により利用状況が大きく変化していることを踏まえ、ダイヤ見直しにより作業員の働き方改革を図るとしています。

京成本線の終電を繰り上げ、始発繰り下げも 2021年春から

対象は京成本線で、終電の時刻を10〜20分程度繰り上げ、始発列車の時刻を5〜10分程度繰り下げます。成田空港駅など一部の駅の終電・始発時間は現行のまま変わりません。ダイヤの詳細は改めて発表されます。

 

こんな記事も読まれています