京急が2021年春に終電繰り上げ 京急久里浜行は30分早く

京浜急行電鉄は、2021年春にダイヤ改正を実施し、大師線を除く京急各線において平日の終電時刻を約15〜30分繰り上げるとを発表しました。

京急が2021年春に終電繰り上げ 久里浜行は30分早く

背景として、ホームドア設置やバリアフリー化など安全・安定輸送を維持するための工事量の増加と労働力の減少をあげ、終電繰り上げにより作業時間が拡大し、労働環境が改善されるとしています。また、新型コロナウイルス感染症の流行を契機に、深夜時間帯の利用が大幅に減少していると説明しています。

平日下り方面の行先別終電時刻は以下のように変更される予定です(現行→変更後)。

  • 三崎口行
    品川発22:50→22:50…現行どおり
    横浜発23:13→23:13…現行どおり
  • 三浦海岸行
    品川発23:32→23:14…約18分繰り上げ
    横浜発23:54→23:37…約17分繰り上げ
  • 京急久里浜行
    品川発24:02→23:32…約30分繰り上げ
    横浜発24:24→23:54…約30分繰り上げ
  • 金沢文庫行
    品川発24:23→24:02…約21分繰り上げ
    横浜発24:45→24:25…約20分繰り上げ
横浜駅に進入する京急1000形車両
横浜駅に進入する京急1000形車両

また、終電前の混雑防止のため、24時頃の時間帯に特急(泉岳寺→神奈川新町)、エアポート急行(京急蒲田→神奈川新町)が各1本増発されます。

なお、土休日ダイヤの終電の変更はありません。詳細な時刻は2021年1月頃に公表されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉