【特集】2021年春「湘南ライナー」は特急「湘南」へ、「踊り子」もリニューアル

JR東日本は東海道線の特急列車について、車両や座席の販売方法などを2021年春にリニューアルすると発表しました。そこで気になるのは、仕組みが新しくなる特急料金。路線図を使って改正前後のお値段を比較します。

車両がリニューアル

首都圏と伊豆方面を結ぶ特急「踊り子」は、すべての車両がE257系リニューアル車両に統一されます(「サフィール踊り子」を除く)。すでに一部の編成が営業運転に就いているこの車両は、各座席の窓側側面に電源コンセント(1口)を装備しているほか、荷物置き場やバリアフリー設備などが設置され、サービス向上が図られています。

また、長年に渡り通勤時間帯に運行してきた東海道線の座席定員制ライナー(「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」)は廃止され、新宿・東京〜小田原間にE257系リニューアル車両使用の新しい特急「湘南」が運行されます。

国鉄時代の1981年から東海道線の「顔」として親しまれた185系車両は、今回の改正をもって定期運用から引退します。

特急「踊り子」「湘南」に投入されるE257系リニューアル車両
特急「踊り子」「湘南」に投入されるE257系リニューアル車両
次ページ: 東海道線特急料金はこう変わる! 路線図で解説

 

こんな記事も読まれています