相模鉄道が2021年春に終電時刻を繰り上げ

相模鉄道は、2021年春に予定しているダイヤ改正において、終電時刻を繰り上げることを発表しました。

相模鉄道が2021年春に終電時刻を繰り上げ
相模鉄道が2021年春に終電時刻を繰り上げ

現状の課題として、深夜時間帯に実施している作業時間の確保や、作業員の働き方の見直しに加え、新型コロナウイルス感染拡大による利用動向変化への対応を挙げ、それらを解決するため、終電繰り上げを実施するとしています。

一部区間を除き相鉄線の上下線とも終電時刻を繰り上げますが、混雑対策として、必要に応じて終電前の臨時列車増発などを検討するとのことです。

終電の繰り上げ時間の目安(平日ダイヤ)

  • 相鉄本線(横浜〜二俣川間): 二俣川方面行15分程度、横浜方面行20分程度
  • 相鉄本線(二俣川〜海老名間): 海老名方面行20分程度、二俣川方面行は繰り上げなし
  • 相鉄いずみ野線(二俣川〜湘南台間): 湘南台方面行15分程度、二俣川方面行20分程度
  • 相鉄・JR直通線(羽沢横浜国大〜西谷間): 両方向とも繰り上げなし
相鉄線の終電繰り上げ時間の目安(平日ダイヤ)
相鉄線の終電繰り上げ時間の目安(平日ダイヤ)
〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉